髭のレーザー脱毛後に再び髭が生えてくる原因とは

NO IMAGE

髭のレーザー脱毛では、髭の毛根に強力なレーザーを当てることで、毛が生える機能そのものを破壊する。これはつまり毛が生える機能が停止することを意味するため、理論上はその後は新しい髭が生えてくることはない。それが故にレーザー脱毛は永久脱毛とも呼ばれている。しかし、実際には100%毛が生えてこなくなるというわけではない。中にはレーザー脱毛後に再び髭が生えてくるケースもあるのだ。その原因は大きく分けて2つ挙げられる。

1つ目の原因は毛周期によるものだ。人にはそれぞれ毛周期という毛が抜け落ち、新しく生えてくるサイクルがある。そしてレーザー脱毛というのは現在生えている毛とその毛穴に対してレーザーを当てることで効果を得るものである。つまりレーザー脱毛を行う時にたまたま毛周期の中で毛が抜け落ちるタイミングだった場合、その毛穴の中にある新しい毛を生やすための機能を破壊することができない。それが故にしばらくすると新しい毛が生えてしまうことがあるのだ。

2つ目の原因は産毛によるものだ。人は太くて濃い髭もあれば、反対に産毛のような細い毛が生えていることがある。そしてレーザー脱毛で使用するレーザーというのは濃い黒に反応するように作られているため産毛のように細くあまり黒くない毛には反応しないこともある。そのような産毛がしばらくして濃く成長するとレーザー脱毛後にも関わらず新しい毛が生えたと勘違いを起こしてしまうことあるのだ。