髭をレーザー脱毛した後の効果的なアフターケア方法について解説

NO IMAGE

髭のレーザー脱毛をした後のアフターケアでより効果が高く、実際に取り組んだほうが良いとされる方法は大きく分けて3つある。

1つ目は脱毛をした部分を冷やすことだ。レーザー脱毛では毛根の持つ新しい毛を生やす機能そのものに強いレーザーを当てることで、その機能を破壊する。そして毛が生える機能が壊れることで脱毛効果が得られるのだが、強いレーザーを当てる分、脱毛後は肌や毛穴は炎症を起こしていることがよくある。当然レーザー脱毛を受けた医療機関などでもその炎症に対しての処置は行ってくれるが、実際に家に帰った後にも氷を巻いたタオルなどを脱毛した部分に当てることでその炎症を早く抑え、火照りなどの症状をより早く抑えることが出来るのである。

2つ目はアルコールや日焼けなどを避けることだ。先程も触れたようにレーザー脱毛をした後は肌や毛穴が炎症を起こしている。そのような状態でアルコールを摂取することや、日焼けをすると肌や毛穴の温度が上昇し、その炎症が悪化してしまうことがあるのだ。それを防ぐためにもアルコールや日焼けを避けるように心がけることも重要なアフターケアだと言える。

残る3つ目の方法は、脱毛した部分を清潔に保つことである。実はレーザー脱毛を行った後の肌は炎症を起こしているだけでなく、他の部位よりも菌などが侵入し肌荒れなどのトラブルを起こしやすくなっている。そのためレーザー脱毛をした髭の部分を清潔に保つのも大事なアフターケアの1つだと言えるのだ。