ひげをレーザー脱毛する時の値段の相場や値段を安くする方法を解説

ヒゲ脱毛した男

ひげをレーザー脱毛を行う時の値段は、脱毛するひげの範囲やひげの量、またどの程度まで脱毛したいのかなどの条件によって大きく変化します。例えば、鼻下だけよりは当然顔の下半分全ての部分を脱毛する方が脱毛に必要な回数が増える。そしてその回数に比例して値段も大きくなるのだ。そして同じ広さの脱毛であったとしても毛の量が多い場合には脱毛できるまでにより多くの回数が必要なため値段が高くなることもある。また完全な脱毛するよりはある程度毛の量を減らすだけのプランの方がより値段は安くなる。このようにひげのレーザー脱毛は理想とする結果によって、値段が大きく変化するものなのだ。

ではその値段の相場はどのくらいなのかというと、顔の下半分でかつある程度の毛の量を減らすだけであれば、大体6万円から10万円前後が相場だ。一方で完全な脱毛をしたいのであれば、10万円から20万円ほどの値段となるケースが多くある。

そんなひげの脱毛の値段は抑える方法がある。例えば、本当に脱毛が必要な部分だけに絞って脱毛を行う、また契約時にある程度の回数をまとめて契約してしまうだけで値段を抑えることができるのだ。効率的ではないが多くの医療機関やサロンが行っているトライアルキャンペーンなどを複数箇所で利用することでも脱毛に必要な値段を抑えることが可能となる。ひげの脱毛に関する値段を可能な限り抑えたい方は上記のような方法などを行うようにしてみると良いだろう。

ヒゲ脱毛に必要なのは、ステップの軽さ。まずは試してみないことには始まらない。ひげはいつまで経ってもなくならない。後悔する前にまずは無料カウンセリングから始めてみよう。

ひげのレーザー脱毛で必要な回数はどのくらいなのか解説

ひげをレーザー脱毛する時に必要となる回数は望む条件によって違いがある。例えば、顔全体に生えているひげを脱毛したいのであれば、一部のひげの脱毛よりも当然脱毛を完了させるまでにより多くの回数を必要とする。また髭を完全になくす永久脱毛を望んでいる場合には、ある程度髭の量を減らす脱毛よりも多くの回数が必要となるのだ。このように髭のレーザー脱毛を行う時に必要となる回数は自分の望む結果に大きく左右される。生えている髭の量や密度によっても回数が増減することがあるのでその点については注意が必要だ。それでは平均するとどのくらいの回数が必要になるのかと言えば、例えば顔全体の髭のレーザー脱毛で完全な永久脱毛を希望している場合には15回前後は脱毛を行う必要があるケースが多い。一方である程度毛の量を減らすだけの脱毛であれば、10回前後が必要になり、ひげ剃りの負担が軽くなる程度の脱毛であれば、5回前後で脱毛が完了することが多くなる。ただし、これらの回数はあくまで目安である。正確な回数が知りたい場合にはサロンなどが行っている無料カウンセリングなどで相談してみると良いだろう。

ちなみに回数ごとに支払うように設定されている医療機関やサロンで回数の多いヒゲ脱毛を行うと高い費用が必要になるが、月額制での支払いの医療機関であれば費用を多少抑えられることもできる。必要な回数の目安がわかった場合にはそれぞれの支払い方法で必要となる費用の合計を出して比較してみることを推奨する。

ヒゲのレーザー脱毛で中々効果が出ない2つの原因とは

ヒゲのレーザー脱毛は他の脱毛方法よりも比較的高い効果があることで有名である。しかし、中には脱毛の効果が感じられないケースもあるのだ。そのような場合にはいくつかの原因が考えられる。例えば、代表的な原因としてレーザーのパワーが弱いことが1つの原因として挙げられる。基本的に医療レーザー脱毛は医療行為として認められるほど高い効果のあるレーザーを毛根に反応させ、毛根の毛を生やす機能そのものを破壊する。そのためすぐに毛が抜け落ちていくことが多い。しかし、麻酔などをしているのにも関わらず、痛みに耐えられないような場合にはそのレーザーのパワーが落とされることがある。パワーが落ちたとしても脱毛出来ないというわけではないが、本来よりもヒゲが抜け落ちるまでの期間が長くなることで効果が感じられないと勘違いしてしまうことがあるのだ。

また脱毛に使用しているレーザーが蓄熱式のレーザーであることも、効果が感じられない原因として挙げられる。先程触れたようなレーザーは、ジェントルYAGなどと呼ばれるマシンから作られる高出力のパワーを持っている。しかし、メディオスターなどの蓄熱式のレーザーではそういった強力なレーザーとは違い低出力に設定してあるため、痛みを抑えながらいつの間にかヒゲが抜け落ちるようになっている。そのため蓄熱式のレーザーを使っている場合にも、パワーが落とされた時と同じようにヒゲが抜け落ちるまでの期間が長く、その間に効果が感じられないと勘違いしてしまうことがあるのだ。